東京の花火大会のことなら!東京花子

立川にある国営昭和記念公園は、昭和天皇在位50年を記念して1983年に開園した広大な広さの公園です。

 

東京ドームに換算すると約14個分の敷地には、年間を通して数多くの方が訪れ、豊かな自然の四季のうつり変わりを楽しんでいます。

 

そんな昭和記念公園では毎年夏に、人気のイベント・花火大会が行われています。

 

公園内で花火を楽しむ方は30万人、周囲にも40万人以上の方が集まる大型花火大会ですので、見に行くのならぜひ穴場スポットを押さえておきたいですよね。

 

ここではそんな立川・昭和記念公園花火大会の穴場で場所を取るコツをご紹介します。

 

ヒントは、ズバリ「時間」です!

 

中央先沿線 多摩地区では最も人気の花火大会!

 

立川・昭和記念公園の花火大会は歴史が古いことでも有名で、始まりは昭和29年の第1回立川納涼花火大会。

 

途中途切れてしまった時期もありましたが、ファンの熱い声に押されて復活!現在では60回近くを数える花火大会となりました。

 

開催される日程ですが、毎年第4土曜日(荒天の場合は第4日曜日)と決まっていまして、2014年ですと7月26日(土)、2015年は7月25日(土)が予定されています。

 

打ち上げ時間も毎年19時20分から20時30分と決まっていますので、わかりやすいですね。

 

ただし、2013年は大変な雨と風に見舞われて、残念ながら大会自体が中止となってしまいましたので、事前に天気予報を要チェックしてくださいね。

 

 

お待たせしました!昭和記念公園の花火大会の穴場

 

先ほどお伝えしましたが、昭和記念公園の花火大会の人出は70万人。

 

大変な混雑になりますので、見に行く前に花火が見えやすい穴場スポットを頭に入れておくことをおすすめします。

 

 

 

・立川警察署前の交差点 

 

花火大会を見ようと立川駅で下車した場合、もちろん花火大会の会場である昭和記念公園に向かって人の波は流れていきます。

 

ところが、こちらの流れをちょっと逸れて立川警察署前の交差点前あたりで花火大会の開催時間を待っていただくと、思わぬ花火のビュースポットだということに気が付かれるはず。

 

実はこの場所、昭和記念公園と立川駐屯地(花火の打ち上げ場所)のどちらからもほど近く、しかも近くに高い建物がほぼありません。

 

一押しの穴場です。

 

 

・イトーヨーカ堂 東大和店

 

桜街道駅で下車し、徒歩で10分ほど進んだ所にあるイトーヨーカ堂・東大和店の屋上もおすすめの花火鑑賞スポットです。

 

大型スーパーの屋上ということで、食品・飲料も手に入りやすくて便利ですね。

 

昭和記念公園からはちょっと離れていますが、華やかなワイドスターマインや一尺五寸玉もばっちり見えるので、満足感は高いと人気の穴場スポットです。

 

 

・バーミヤン立川駅北口店 

 

こちらは穴場といっても、かなり有名ですのでもはや穴場とは言えないかもしれません。

 

JR立川駅北口から出て4-5分ほど歩き、公園の前にあるマンションにある中華ファミレスのバーミヤンです。

 

なんと窓側に花火がドカンと上がりますので、クーラーが効いた涼しいお店の中で昭和記念公園の花火大会が楽しめるのです。

 

ただし、窓際はかなり早い時間から場所取り合戦が白熱しています。

 

 

いっそのこと公園の中で花火を見る!キーワードは「時間」

 

昭和記念公園の花火大会はみんなの原っぱ特設観覧エリア(有料観覧席)もあるので、混雑や場所取りの大変さを少しでも回避したいという方はこちらを購入するのもおすすめです。

 

また、公園内に先に入っておいてみんなの原っぱエリア二ブルーシートなどを置いて場所を取ることも可能です。

 

実は、この花火大会の日だけ昭和記念公園の入場料が18時以降無料になり、時間が来るのを狙って入場を待っている方も数多くいます。

 

ツウは時間前に入場料(大人410円、子供80円)を払って、先に入って場所を取ってしまうのです。

 

ぜひご紹介した穴場や時間の情報を利用して、昭和記念公園の花火大会を満喫してくださいね。

続きを読む≫ 2015/10/03 18:49:03

毎年7月の最終土曜日、東京の夜空に大輪の花火が咲き乱れる「隅田川花火大会」。

 

もともとは8代将軍徳川吉宗が、疫病に苦しんでなくなった方々の弔いのために行われた行事が始まりとされる、由緒正しい夏の風物詩です。

 

ここでは「隅田川花火大会」の楽しみ方をまとめてみました。

 

特に気になる方が多い打ち上げ場所や人数についてもレポートします。

 

 

東京三大花火大会のひとつでもっとも打ち上げ数が多い隅田川花火大会

 

隅田川花火大会は、毎年8月に行われている江戸川花火大会と東京湾大華火祭と並ぶ「東京三大花火大会」の一つ。

 

7月末ということで梅雨も明け、夏休みも始まっていることもあり、夏休みの思い出つくりにと家族総出でお出かけされる方も多い人気の花火大会です。

 

 

その人気の一つが花火の打ち上げ数の多さです。

 

隅田川花火大会の打ち上げ数は約2万発と、東京で開催される花火大会ではトップクラスの玉数を誇ります。

 

参考までに他の花火大会を見て見ると

 

・江戸川花火大会では1万4000発
・東京湾大華火祭は1万2000発

 

といいますから、隅田川花火大会のダイナミックさがお分かりになると思います。

 

ちなみに、日本で一番花火の玉数が多い花火大会ですが、長野県・諏訪湖祭湖上花火大会の約3万9000発です。

 

実は以前まで大阪の「教祖祭PL花火芸術」が12万発と、度胆をぬく玉数を発表していましたが、のちになって発数の数え方が他の大会と異なり独特であったことがわかりました。

 

教祖祭PL花火芸術の12万発を通常の数え方に照らし合わせますと、2万発にあたります。

 

それでもなかなかの玉数を誇る、関西屈指の花火大会だと言えることは間違いないですね。

 

隅田川花火大会の人数は?打ち上げ場所とゆっくり見る裏技!

 

隅田川花火大会の人出はかなりのもので、例年ですと90万人から95万人と発表されています。

 

関東エリアですとテレビ東京での中継もあるほどですので、その注目度のほどがうかがえますね。

 

100万人近くの方が花火目的で押し寄せるわけですので、もちろん混雑も想像以上のものです。

 

そこで、隅田川花火大会が開催される打ち上げ場所を事前にチェックしておきましょう。

 

 

打ち上げ場所ですが、

 

・第一会場は桜橋下流から言問橋上流付近
・第二会場は駒形橋下流から厩橋上流近辺

 

となっています。

 

参考:あなたのお役立ちサイト【キラリアン】

 

第一会場と第二会場どちらがいいの?という気になるポイントですが、第一会場では趣向を凝らした花火大会が、第二会場ではスターマインなど壮大な花火が行われていて甲乙つけがたいという所です。

 

また、花火といえば場所取りが明暗を分けるといっても過言ではありません。

 

といっても、100万人近くの人数が出る隅田川花火大会、ちょっとやそっとでいい場良を取れないことは明らかですよね。

 

実は隅田川花火大会をゆっくり楽しむ裏ワザの一つが、有料席を事前に用意して大会に臨むという方法です。

 

隅田川花火大会の有料席の取り方ですが、「市民協賛金」として寄付をした特典として特別観覧席にご招待!という形でゲットできます。

 

 

「場所取りをしたり込んでいるところで見るのは疲れる」「近くでゆっくり見たい」という場合は、有料席を申し込みましょう。

 

隅田川花火大会の有料席は、市民協賛金として寄付を募集して、そのお礼として特別観覧席に招待するという仕組みになっています。

 

特別観覧席の場所は、台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場(第一会場の横)です。

 

しかもお値段がかなり安く、5人で6000円と頭割りすればひとりあたり1250円!これは他の花火大会と比べてもお得です。

続きを読む≫ 2015/09/23 16:03:23

毎年、第1土曜日に開催される江戸川区花火大会は、楽しみにしているファンが多い人気の花火大会です。

 

ちょっと珍しいのですが、主催がお隣千葉県の市川市と合同なので、規模も大きく見応えがある花火大会なのですよ。

 

ここでは、そんな江戸川区花火大会をみるなら絶対おすすめの穴場スポットと、そこで場所取りをする時間帯のコツなどをまとめてみました。

 

江戸川区花火大会基本情報

 

江戸川区花火大会は東京3大花火大会の一つとされ、音楽と打ち上げ数14,000発の花火が華麗な共演を繰り広げるエンターテイメントあふれる花火大会です。

 

江戸川区の特色や日本の伝統文化、そして未来の日本のイメージあらわしたテーマを見事に花火で表現していて、大変芸術性も高い大会です。

 

時間は19時15分から20時30分までと他の花火大会とほぼ変わらない長さですが、注目したいのはこの時間内に14,000発の花火が夜空に咲き乱れるということ。

 

 

中でも特に見ていただきたいのが、最初の5秒間で1,000発を一気に打ち上げるオープニング花火。

 

地面から立ち上がる花火に見とれているうちに、夜空に無数の花火がはじけて昼間のように明るくなる様は江戸川区花火大会でしか味わえません!

 

江戸川区花火大会の穴場スポット!人は多いですがビューポイントも多く場所取りも安心

 

江戸川区花火大会の観客動員数ですが、なんと圧巻の140万人!

 

毎年開催される8月第1土曜日は、東京だけでなく日本中のありとあらゆる場所で花火大会が行われる日取りの一つ。

 

そんな中140万人もの方々が動員する事でわかるように、大変人気の高い江戸川区花火大会ですが、意外にもゆったり座ってみることが出来るポイントが多い花火大会でもあるのです。

 

 

例えば江戸川の河川敷は、他の花火大会と違い比較的場所取りもしやすく、座ってゆっくり花火を楽しむことが十分可能です。

 

さらに共同開催の市川市方面ならば、河川敷が例年もっと広く空いていますので、場所取りに自信がないお父さんでも安心してお出かけできます。

 

 

また会場近くの都立篠崎公園も広い敷地を誇るので、人気のポイントです。

 

そんな都立篠崎公園の中でも花火大会の穴場といえば、駅方面の出口に近い野球場近くです。

 

やはり帰りはスムーズに脱出したいですよね。

 

 

このように江戸川区花火大会は、普通に花火を見るということに関しては難しくない花火大会です。

 

その分、きれいさを追及して様々な自分だけの穴場ビューポイントを探しやすい花火大会でもあるのが、江戸川区花火大会の魅力の一つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/09/23 16:02:23

いたばし花火大会は、東京3大花火大会に引けを取らない規模とクオリティを誇る、関東でも指折りの花火大会の一つです。

 

花火師たちも、いたばし花火大会には一目置いていて、玄人好みの技のある花火が打ち上げられると評判も高いのです。

 

ここでは、そんないたばし花火大会にお出かけする際の最寄り駅情報や、花火をバッチり見ることが出来る穴場をご紹介したいと思います。

 

いたばし花火大会の基本情報

 

いたばし花火大会は別名「本気と書いてマジ、関東最強の花火大会」と呼ばれています。

 

毎年開催されるのは8月の第1土曜日。

 

実は8月の第1土曜日は全国で最も花火大会の開催予定が多く、この日に人出を集めている花火大会のクオリティは素晴らしいものだと言えるのです。

 

いたばし花火大会の人気の理由の一つが、戸田橋花火大会との同時開催という点です。

 

荒川を挟んだ向こう岸でも花火が上がり、その迫力と美しさは息をのむほど。

 

花火師にとってもこの大会で花火を打ち上げることは意義があるものと言われ、同日に他所で開催される花火大会のオファーを断ってでもぜひ参加したいと思わせるのが「いたばし花火大会・戸田橋花火大会」なのです。

 

最寄駅といえど最寄ともいえない距離!

 

いたばし花火大会の開催場所は、荒川の戸田橋南岸です。

 

都営三田線とJR埼京線沿線なのですが、正直いって両方にある最寄駅のどちらからも、花火会場までは歩いて30分以上かかります。

 

参考までにそれぞれの路線の駅名を書いておきますね。

 

都営三田線…高島平駅、西台駅、蓮根駅

 

JR埼京線…浮間舟渡駅

 

 

花火客の混雑の中30分も歩くのはイヤ!という方は、いたばし花火大会の会場まで歩いて15分程に短縮することが出来る方法がひとつあります。

 

その方法は東武東上線の成増駅または東武練馬駅で下車し、国際興業バスを利用して近くのバス停留所で下車するという方法です。

 

ただし、交通渋滞でまったくバスが動かず、思った時間に会場に到着できないことも想定されますので、当日注意して利用しましょう。

 

 

いたばし花火大会の穴場スポットはずばりココ!!

 

いたばし花火大会を堪能したいのなら、荒川の対岸で同日開催されている戸田市側の花火大会会場に行ってしまうことも穴場の一つと言えます。

 

実はいたばし花火大会の名物・関東で一番の長さを誇るといわれるナイアガラの滝は、いたばし花火大会側からですと有料席からしか全体を見ることが出来ません。

 

戸田側の戸田公園近辺の河川敷からなら、打ち上げ花火はしっかり見ることが出来ますし、多少小さいながらもナイアガラもしっかり観覧することが出来ます。

 

また、戸田市のイトーヨーカドー錦町店やイオン北戸田店の屋上などは、毎年花火大会に無料開放されていますのでそちらもおすすめです。

続きを読む≫ 2015/09/23 16:02:23